天然エコ食材の酒粕は発酵食品の優等生

様々な使い道がある注目エコ食材の「酒粕」は優秀な発酵食品です。

日本酒を作る際には米、麹、水を原料にして醸造させて発酵したもろみという液体を作ります。もろみを絞ってできた液体が酒、残った固形物が酒粕です。酒粕には板状の板粕や、ばらした状態のバラ粕などがあります。スーパーなどで販売しているので手軽に購入できます。

酒粕のなかには炭水化物、たんぱく質、食物繊維、亜鉛、ビタミンB群など豊富な栄養が含まれています。酒粕の中に含まれている成分は糖尿病や高血圧の予防に役立つといわれています。

酒粕は美容にも効果的です。アンチエイジング、保湿、美白と欲しい効果をたくさんもたらしてくれます。とりわけ注目されているのが美白効果ですね。

酒粕に含まれているアルブチンは、美白に効果的といわれるハイドロキノンとブドウ糖が結合したものです。メラニン色素の生成を抑えてくれる効果があるので美白効果が期待できます。

フェルラ酸は抗酸化作用が大変高く、老化の原因になる活性酸素をおさえてくれます。肌のたるみ、シワなどの予防に役立ちます。また美白効果も高いのでメラニン色素の生成を抑えてくれます。

簡単に手に入る酒粕を使ってスキンケアができるという点も人気になっています。きれいな美肌を目指したい、コストパフォーマンスがいいスキンケアがいい、という人には向いていますね。ただ酒粕のなかにはもちろんアルコール成分が含まれているので、アルコールに弱い人は難しいので注意してください。酒粕のパッチテストをやってから行う方がいいでしょう。

酒粕の美容効果を取り入れるのに便利は方法は、酒粕パックと酒粕風呂です。どちらも簡単だし、週に1回くらいの頻度でやってみるといいですね。

酒粕パックは、柔らかくしておいた酒粕100gに精製水50gを加えてよく混ぜてペーストを作ります。好みでハチミツを加えて混ぜてもいいですね。水の量は調節して肌に塗りやすい状態にしてください。出来上がった酒粕ペーストを顔に塗り、そのまま10~15分間待ちます。あとはぬるま湯で洗顔して酒粕パックをきれいに洗い流しましょう。あとはいつも通りのスキンケアを行い保湿しておきましょう。たったこれだけですが、酒粕の有効成分を取り入れて美肌になることができます。

酒粕風呂は酒粕300g程度を小さな布の袋に入れて、湯船に入れます。湯船のなかでもんで酒粕の成分を溶かしておきます。入浴剤みたいな感じですね。この湯船のお湯にゆっくりつかると全身の肌をすべすべきれいにしてくれます。さらに身体をあたためて湯冷めしにくいという効果もあるので、冷え性の人にも向いています。

酒粕は上手に使うと毎日の生活のなかでとても役に立ちます。美容に関心の高いひとなら一度試してみるといいでしょう。