ニトリル手袋で手を汚さない

掃除、料理、ガーデニングなどにも!安心して作業ができるニトリル手袋

日常生活で手を汚してしまう機会は本当に多いと思います。汚れても手を洗えばいいのですが、水仕事をしている人は手も荒れてしまいがちです。

また、肌が弱く汚れやホコリが触れてしまうことですぐに荒れてしまう人や、日頃から手荒れには気をつけたいという人もいますよね。

特に自分の手を仕事にしている手タレなどは、どんな作業をする時も欠かせないのが手袋だと言います。手を見せることが仕事でなくても、汚れや手荒れから守るために使い捨て手袋を使っているという人は多いのではないでしょうか。

また、手袋を使っても、再び洗って再利用するとなると大変です。特に薬品などが付いていたり、汚れがひどいものは洗うにも時間がかかります。そんな時便利なのが使い捨て手袋です。

使い捨て手袋にも種類があり、私たちがよく使うのは塩化ビニールのものやポリエチレン製、ゴム製のものが多いと思います。その中でも強度に長けており扱いやすく、幅広い用途に使えるニトリルゴムは大変便利です。

強度は他の使い捨て手袋に比べるとトップクラス。ニトリルゴムと言われる合成ゴムを使っていますが、ちょっとやそっとで敗れたりはしません。天然ゴムに比べると寒さや暑さにも強いので、放置していたら破けていたなんてこともありません。

柔軟性がないとはいわれますがフィット感があるのでハンバーグを作る時や餃子のタネを作る時など料理にも向いています。パンやクッキーなどの生地をこねる時でも使えますよ。

手を汚さないためにも料理で手袋を使うという人も増えてきましたが、ニトリル手袋はすぐに脱げてしまったりアレルギーを起こす可能性も極めて低いので安心して使えます。

畑仕事には軍手という人もいるかもしれませんが、軍手は使い捨てのものが少ないので、再び洗わないといけません。畑仕事やガーデニングはただでさえ汚れる上、軍手だと感覚がなくなってしまうことも。

細かい作業をするのならニトリル手袋が最適です。土や泥といった汚れはもちろん、肥料などの薬品からも手を守ってくれます。さらにガラスやとがった石などで破けてしまうこともないぐらいの強度がありますので、安心して作業ができるでしょう。

自分の手を汚さないということは衛生面にも良い

手を汚さないということは、非常に衛生的で安全性を確保することもできます。例えば手に傷がある人が畑仕事やガーデニングをしていたらどうでしょうか。

素手で土に触れれば、雑菌や肥料などの薬品が傷口に入り、炎症を起こしてしまったり症状が悪化してしまうことも考えられます。何の傷がない人でも土や草を素手で触って荒れてしまう人もいますよね。

また、雑菌などが付いた手で料理をしていたら感染症が広がる可能性もあります。手を清潔にしていても、見えない雑菌や汚れがついていれば衛生的とはいえません。そんな見えない雑菌、汚れからも手袋は手を守ってくれるのです。

程よいフィット感で強度のあるニトリル手袋なら、手袋の上から油や薬品などがかかってしまっても安心なので、掃除や料理、さらに白髪染めなどでも手を汚しません。

参考:ニトリル手袋